BLOGブログ

2021/7/2お役立ち情報

住まいの安全に”知っ得”情報! 「地盤サポートマップ」をご存知ですか?

このマップは、手軽にお住まいの地域の地盤の強さを知る事ができ、知っておくと防災や不動産購入の際に役立つ他、いろいろな生活情報を見る事が出来ます。これは株式会社ジャパンホームシールドが提供している無料のサービスです。(この記事の最後にURLを記載しています。ブラウザ版、アプリ版があります。)

ではどんな事が出来るのか確認してみましょう。

地盤サポートマップでできること

住所を入力するだけで、上記のようなレポートを取り出す事が出来る他

以下、大きく6つの情報を確認する事が出来ます。

1.地耐力

地盤の強さを確認できます。

2.地震時の揺れやすさ

地震が発生したときの揺れやすさの度合いをマップ上に色を分けて表示します。

3.生活情報

生活に必要な情報を一度に調べる事が出来るとても便利な機能です。
例えば、公園や医療施設の場所、避難場所をチェックしたり、駅の位置や1日の平均乗降客数、用途地域まで調べる事が出来ます。

4.昔から現在までの航空写真
1945年(昭和20年)から現在まで6段階に写真を表示し、現在と比較することもできます。

5.地盤情報
地質や地形の情報を表示します。自然な地質なのか、人工的な地形なのかマップ上で見る事が出来、平野部の河川、工作物の位置などの治水上重要な情報を確認できるほか、過去の地形図も調べる事が出来ます。

6.防災情報
液状化、浸水、土砂災害の危険箇所、震度5または6以上の地震が発生しやすい地域等、防災に必要な情報を見る事が出来ます。活断層帯の位置も確認できます。一度お住まいの場所をチェックしてみてください。

地盤サポートマップをうまく活用するには

地盤サポートマップは、防災対策としてはもちろんのこと、様々な用途で活用する事が出来る優れたマップです。
1、日常生活マップや防災マップとして活用
地図で自宅から最寄りの交通機関までの距離やルートを検索でき、通勤通学にも役立ちます。
子供たちが通う学区をチェックしたり、引越しや物件選びの参考にもなります。
いざというときの医療施設や避難場所等の場所もわかりやすく、地盤情報とともに一括して情報を知る事で災害時の備えにつながります。

2土地や住宅購入時の参考として活用
地盤サポートマップの航空写真は視覚的にわかりやすく、昔の地形と現在の地形も比較検討できるので事前情報として役立ちます。
目的の土地周辺から広域まで土地に関する情報が一度に表示できるので、下調べもバッチリです。

このマップは日本全国の地盤調査、診断を行っている「ジャパンハウスシールド株式会社」の調査データをもとに作られたサービスです。

事前登録は不要で無料公開されているのでとても良心的で嬉しいサービスですね。

今回は気になる地盤についての情報でした。

お住まいのことで気になることがございましたら、ダイヤ工務店にお気軽にお問い合わせください!

築100年を当たり前に
ダイヤ工務店

出典:地盤サポートマップ ジャパンハウスシールド株式会社
地盤サポートマップ
https://www.j-shield.co.jp/supportmap/index.htm
使い方、活用方法
https://www.j-shield.co.jp/supportmap/howto.pdf